考察という名の他力本願


トリパです。


BW2の目玉の1つでもあった霊獣フォルムですが、

どうやらWi-Fi対戦でも使えるみたいなのでまとめてみることにしました。

大体全国ダブルを想定していますがいつも通り、ほとんど考察要素はありません。

新規習得技についても独断と偏見でピックアップしてみましたが、

これらは教え技のためどちらのフォルムでも使うことが出来ます。


★トルネロス

特性:さいせいりょく

種族値:79-100-80-110-90-121

使えそうな新規習得技:

こごえるかぜ、ねっぷう、ばかぢから、ねごと


攻撃と特攻が15ずつダウンして、防御、特防、素早さが10アップした種族値。

お世辞にもよろしくない耐性ですが、

この素早さの高さと「ばかぢから」の習得により、

ヨプ持ち以外のバンギラスさんにはかなり強くなりました。

ただ、攻撃ダウンによりジュエルアクロバットの火力が減ってしまったため、

アタッカーとしては特殊メインで「ばかぢから」を交えていくのが、

基本的な戦い方になるのではないでしょうか。

サポートとしては、怒りの前歯や日本晴れも出来るクロバットさんがいるため

何か物足りないような気がするので、特攻の高さを活かしたいところです。


★ボルトロス

特性:ちくでん

種族値:79-105-70-145-80-101

使えそうな新規習得技:

ばかぢから、ねごと


攻撃と素早さが10ずつダウンして、特攻が20アップした種族値。

高い攻撃が活かせる技は相変わらず少なく、

トルネロスと同様に「ばかぢから」により安定して、

バンギラスさん、ドリュウズあたりに打点を持てるようになりましたが

奇襲止まりになりそうなので、素直に特殊のみのほうが良さそうです。

この高い特攻と素早さを見ると、サンダーさんのように眼鏡を持たせて

ボルトチェンジやめざめるパワー飛行で削っていくのも、この子らしいでしょう。

どちらにせよ、従来のフォルムのボルトロスとは使い方が全く異なり

前述のようにサンダーさんに近くなるのではないでしょうか。

ちなみに、逐電により従来のボルトロスとサンダーさんに非常に強くなったので

ここは、評価されるべきではないでしょうか。


★ランドロス


特性:いかく

種族値:89-145-90-105-80-91

使えそうな新規習得技:

ばかぢから、ねごと、じゅうりょく、ステルスロック


特攻と素早さが10ずつダウンして、攻撃が20アップした種族値。

地震、岩雪崩等の砂の力対象に関しては、

さすがに従来のフォルムのほうが上ですが、

天候を砂に依存せず、今まで通り砂対策としても使えるのではないでしょうか。

ただ、今回はニョロトノが目に見えた強化(手助け、凍える風習得)により雨が増えそうなので、

晴れ(日本晴れ)の需要が上がり砂そのものの肩身が狭くも感じますが、

天候に依存せずハチマキ地震(補正有り攻撃特化)でHP実数値185以下のメタグロスを、

ダブルダメージで確定で落とせるのは、さすが霊獣フォルムといったところではないでしょうか。

しかし、物理メインにするとミラーで詰むのは従来のフォルムと同じのため

特殊にしてめざめるパワー氷を積むのもありかも知れません。

それは、同時に解禁されたちからずくランドロスでも良いかも知れないですが

威嚇が入るので十分採用の価値はありそうです。


今までも、気合球やアームハンマーは使うことが出来ましたが、

命中不安と素早さが落ちるデメリットにより使いにくかったため、

ばかぢから習得はかなり大きいのではないでしょうか。